Q:冬に肌が乾燥して肌荒れします。どうすれば改善しますか?

A:生理的な肌荒れは保湿力のある化粧品でケアしましょう

冬の乾燥肌

肌荒れは角質層の水分不足で起こる

冬になると、肌がカサカサに乾燥して肌荒れしますよね。これには、2種類あります。それは皮膚の最も外側の角質層の水分が奪われて起こる生理的な肌荒れと、角質層とともにその下の表皮にも炎症を起こした病的な肌荒れとがあります。

生理的な肌荒れは赤くならずかゆみもない

ここでは生理的な肌荒れについて説明しましょう。

生理的な肌荒れの大部分は、皮膚が赤くならない。かゆみがない、発疹がないということから病的な肌荒れと区別がつきます。空気が乾燥する冬などに、皮膚を保護するのを怠ると、角質の水分が奪われて起こります。

冷暖房などで空気が乾燥している室内にいたり、夏の山や海辺などで強い紫外線に当たったときも、同じ理由で肌荒れが起こります。

肌荒れはこうして防ぐ

さきほど説明したような空気の乾燥して生る所に身を置くときは、乾燥を防ぐ保湿剤入りのクリームや乳液を塗っておきます

肌荒れが起きてしまったら、普段よりやや油分の多いクリームか、セラミドヒアルロン酸などの保湿効果の高い化粧水やクリーム。さらにビタミンA、ビタミンD入りクリームなどを使うとよいでしょう。

そういう意味では、化粧品よりも医薬部外品を使用したほうが保湿できます。

例えばライスフォースは、肌の水分保持機能改善効果を厚生労働省にみとめられ、医薬部外品指定されています。

洗顔剤も皮脂を取りすぎてしまうものはいけません。ぬるま湯やマイルドで肌に穏やかな石鹸や使うのをお勧めします。

炎症を起こしていない「生理的な肌荒れ」の場合は、保湿力のある化粧水やビタミン入りクリームでケアしましょう。

成分への思い込みを避けて適切なものをチョイス

化粧品に含まれるどの成分がどのように肌に効くのか、肌に刺激を与える可能性のある成分にはどんなものがあるのか。広告や言葉のイメージなどに影響されて、間違った思い込みをしている人も多いのでは。

一般的に肌に効くといわれている成分でも、効果が低いものはあると、東京工科大学の教授は語ります。

また、肌に負担をかけると思われているパラベンや界面活性剤などの添加物も、化粧品の品質や安全性を保つために必要なものもあります。

思わぬ勘違いがあるかもしれない。化粧品と上手に付き合っていくためにも、改めてチェックしておきましょう。

保湿成分

保湿成分ごとの特徴を知ると、自分の肌の状態や悩みに合う化粧品を選びやすくなります。。

例えば「肌が刺激に敏感なバリア機能を高める作用があるメバロノラクトン、たるみが気になるなら、ハリ感を与えるβ・グルカン」といった具合。

コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなどおなじみの保湿成分も、「なんとなく肌に良さそう」という認識から一歩進んだ知識を持って、賢く付き合いたいものです。