Q:ほくろを手術で取ることができますか?その場合の料金は?

A:電気分解やレーザー光線できれいに取れます

ほくろ

ほくろは黒あざの小さなもので、医学的には黒子症といわれています。これは先天的なものと、生後間もなく現れるものと思春期になってから出てくるものとがあります。ほくろもできている場所や大きさによっては気になると思いますので、それなりの手を打たなければなりません。

ファンデーションで隠せるならそれで済ませる手も

まず考えてほしいのは、ファンデーションなどのメーキャップで、うまく隠せないかどうか。それがどうしても無理でしたら、専門医に取ってもらいましょう。電気分解レーザー治療できれいに取れます。今ではレーザー治療が主流ですね。そばかすとちがって、一度完全に除去すれば再生することはありません。

レーザー治療の場合の価格は?

レーザー治療の場合、価格はほくろの大きさで変わってきますが、およそ5000〜20000円ほどになります。また場合によっては保険治療となるので自己負担は少なくなります。皮膚科と美容皮膚科のいずれでも施術してもらえますが、料金については差があるようなので医師と相談するのをおすすめします。

まれにはほくろがガンに変わることも

ほくろが全くないという人はいませんからあまり心配することはありません。ただ、ごくまれにほくろがガンに変わる場合もあります。このガンは悪性黒色腫(メラノーマ)といい、体のあちこちに転移していく怖いガンです。ほくろが急に大きくなったり、赤みを帯びて固くなったりしたときは、念のため専門医の診察を受ける必要があるでしょう。

私個人はほくろは全て悪いものだとは思いません。マリリン・モンローのようにほくろがセックスアピールになるなど、個性の1つとして見られることもあるからです。一方、韓国のようにほくろはすべて取ってしまうという国もありますので、価値観もそれぞれですね。

ほくろはレーザー治療により5000円〜20000円ほどの予算で除去できます。まれにメラノーマという悪性のほくろも存在しますので、ほくろに痛みがある場合には医師の診断を受けましょう。