Q:跡を残さずにニキビを治す方法は?

Aニキビの種類に応じて適切にケアしましょう

ニキビの女性

青春のシンボルといわれるニキビ。しかし、鼻や頬にできるニキビは目立つのでできれば遠慮したいものですね。

ポツポツふくらむもの、先端が化膿するもの、固くしこりがあるもの、黒ニキビといわれて毛穴に黒いポツポツができるものなどいろいろなタイプがあります。このうち、固くしこりがあるタイプは治りにくく虫食いのような跡が残るので、早めに手当てをしましょう。

ニキビはなぜできるのか

皮脂の分泌が原因

ニキビができるのは、直接的には皮脂の分泌が多すぎるのが原因です。

分泌が多すぎると、皮脂が毛穴からスムーズに流れ出ることができません。特に毛穴が角化してふさがれた場合は、皮脂が毛穴の中にたまって丘疹になります。これがニキビです。

皮脂の分泌は性ホルモンのバランスが崩れるから

ではなぜ皮脂の分泌が多くなるのでしょうか。それは思春期に急に活発になる性ホルモンのバランスが、若い年代では不安定なために起こります。

また、胃腸障害肝機能低下便秘生理不順や月経困難症を伴う黄体ホルモンアレルギーなどの原因も考えられます。このほか、食事が酸性食品に偏ったり、炭水化物を摂りすぎたりしたときも、皮脂の分泌が多くなります。

ニキビの治し方

洗顔する女性

皮膚を清潔にすることが治療の第一歩どのタイプのニキビでも、でき始めたら早く手当てをしみにくいあとを残さないようにします。

朝夕2回の洗顔をする

まず、皮膚を清潔にし余分な皮脂を取り除くために、少なくとも朝夕2回洗顔します。ぬるま湯で固形石けん、またはニキビ用洗剤をよく泡立てて洗います。すすぎも十分にしましょう。

ニキビの種類別にケアする

洗顔後は油分が含まれていない化粧水をつけたあと、ニキビのできている部分だけに市販のニキビの外用薬をつけておきます。

ニキビが化膿している場合は、抗生物質入り軟こうをつけます。黒ニキビで毛穴のまわりの角質化が激しいときは、ビタミンAやビタミンD入りのクリームを塗っておきましょう。

ニキビの内容が柔らかい場合や固くしこっているときは、蒸しタオルで蒸し、局部をアルコールで消毒してからニキビ圧出器あるいは清潔な指で中身を押し出します。こうすれば跡が残りません

このあと、ニキビの外用薬をつけておきます。ただ、汚い指で処置こくますから、くれぐれも清潔に留意してくださまひどい場合には、素人療法をしないで専門医の治療を受けたほうがよいでしょう。

油性の化粧品は使わない

化粧品は、化粧水、パウダー程度にとどめましょう。コールドクリーム、乳液油分の多いファンデーションなどは使わないことが大切です。また、パフなどは不潔なものを使うとニキビが化膿しやすくなりますから、必ず清潔なものを使います。

皮脂の分泌をふやす原因を取り除く

便秘、月経不順など皮脂の分泌をふやす原因を早く治すことが大切です。また、皮脂の分泌を抑えるためにビタミンB剤を内服するのも効果があります。食事は、でんぷん質や油の多いもの、甘いものを控えるようにしましよう。

ニキビは皮脂の過剰分泌が原因です。しっかりとした洗顔と、ニキビの種類別のケアを適切に行うことで、ニキビ跡が残らないようケアすることができます