Q:妊娠でできたシミは消える?そのまま残る?

A:シミは分娩が終われば薄くなりますが、消えないこともあります

シミを気にする女性

シミは皮膚にメラニン色素が沈着したもので、いわゆる一般的なシミをはじめ、ソバカスアザなどいろいろな種類があります。

一般的なシミというのは、専門的には肝斑(かんぱん)といわれるもの。あなたの場合もそうでしょうね。これは、若い女性から熟年の女性によく見られ、ほお骨のあたりに左右対象に、また上唇の上にひげのようにできる特徴があります。

妊娠時にシミができやすい

シミのできる直接の原因は紫外線ですが、あなたのように妊娠時などにもできやすいものです。

その背景には肝臓や胆のうなどの消化器官の機能低下、血液中の過酸化脂質がふえている状態やホルモンなど内分泌系の障害などがあるといわれます。

シミを作らないためには直射日光を避けること

妊娠時にできたシミは、ふつうは分娩が終われば薄くなりますが、ときには、そのまま残ってしまうこともあります

できてしまったシミは、あまり気にせず、お化粧でカバーするとよいでしょう。どうしても薄くしたいのなら、専門医にかかって漂白剤の外用やビタミンCの内服、肝臓製剤の注射をします。これ以上ふやさないようにするには、とにかく直射日光に当たらないことです。

シミと紫外線の関係

日光の強いところに出なければならないときには、日焼け止めクリームをつけること、そして日がさやつばの広い帽子も忘れないようにしましょう。また、香料の強い化粧品はしみをできやすくしますから、使わないことです。

老人性のシミもある

30歳〜40歳以降の人の顔、手の甲、腕、背中などにできる不定形の薄茶色のしみは、老人性のシミです。これは皮膚の老化現象のひとつでかゆみも痛みもありませんが、治したいときには専門医にかかり、ドライアイスで焼くか外用薬を使って治します。

あまり痛いのは好きじゃないという女性(ほとんどだと思いますが)の場合は、ビタミンC誘導体アルブチンハイドロキノンといった美白剤を用いた医薬部外品の化粧品を使う方法もあります。ただ、効果は弱いので根気よく取り組む必要があるでしょう。

お化粧でカバーして目立たなくするのも方法です。いずれにせよシミをさらにひどくしないためには直射日光を避けましょう。

シミは分娩が終われば薄くなるが残る場合もあります。紫外線を避けつつ専門医にかかるか美白美容液などでケアをしましょう