Q:腕の外側の毛穴が膨むのですがこれは何ですか?

A:それは毛孔性苔癬です

腕の毛穴を気にする女性

鳥肌と同じ現象

医学的には「毛孔性苔癬」といい、毛穴が少し赤みを帯びてブツブツふくらみ、触るとまるでおろし金のようにザラザラしているのが特徴です。

冷たい風に当たったり、こわいものに出会すったりしたときに「鳥肌が立つ」といいますね。あなたの肌はちょうどこれ。この鳥肌は、若い女性の肩から腕の外側、腰から大腿部の外側にかけてできる傾向があります。

かゆいとか痛いとかの自覚症状はふつうありませんが、肌がザラザラして、ときには地肌全体が赤くなったりするので、腕をあらわにするシーズンはほんとうに悩みの種ですね。

入浴後にビタミンAやDでケアを

鳥肌は毛穴の周囲の皮膚が角化して起こるのですが、その背景にはビタミンAの代謝不良や性ホルモンの分泌などの問題があるようです。思春期をすぎると自然に治ってしまいますからあまり悩まないでください。

入浴後にビタミンAビタミンD入りの保湿クリーム、スクワラン油などを塗るとよくなります。ビタミンAおよびビタミンCサプリを飲むのも効果があります。

ビタミンA、C、D配合のクリームを入浴後に塗りましょう。鳥肌と同じ症状なので思春期を過ぎれば自然に治ります。